労働問題

昨今、リストラによる不当解雇、賃金の未払い、パワハラなどで使用者と労働者の間に紛争が急増しています。雇用形態が多様化して、労働者の就業意識なども含め、雇用形態も多様化しています。

  • 会社の業績が悪化して、給料が未払いである
  • サービス残業代を請求したい
  • 退職金を支払ってもらえない
  • 会社の備品をこわしたら、代金を給料から天引きされた
  • 上司のいじめに困っている
  • セクハラ・パワハラを受けた
  • いやがらせ人事により、遠方への転勤を命じられた
  • 退職勧奨を受け困っている
  • 給料が一方的に引き下げられた
  • 予告手当てもなく、即日解雇を言い渡された

140万円以下の賃金請求、残業代請求、慰謝料請求等の場合には司法書士が代理人となって交渉することが可能です。配転命令や不当解雇の無効は代理人になることはできませんが、裁判所提出書類の作成など解決のお手伝いができます。
労働問題のご相談、ご依頼先にお悩みの方は、どうぞ一度お問い合わせください。

未払い賃金回収取り扱い業務

  • 内容証明
  • 交渉代理
  • 労働審判申立
  • 訴訟追行

不当解雇救済取り扱い業務

  • 内容証明
  • 交渉代理
  • 労働審判申立
  • 訴訟追行

パワハラ・セクハラ被害回復取り扱い業務

  • 内容証明
  • 交渉代理
  • 労働審判申立
  • 訴訟追行

労働条件の不利益変更の対抗取り扱い業務

  • 内容証明
  • 交渉代理
  • 労働審判申立
  • 訴訟追行

無料相談

メール相談 電話相談
相談無料、ご希望の場所まで訪問します。
お気軽にお問い合わせください。