債権・動産譲渡登記

これまで、債権(売掛金、報酬債権、貸金など)や動産(在庫商品、工作機械など)を譲渡する場合には、費用・時間の面で負担が大きく、また手続きが煩雑で流動化に問題がありました。
そこで民法の特例として、法人が有する債権・動産の譲渡につき、債務者以外の第三者に対する対抗要件を登記をすることにより、具備することができるとしたものが、債権譲渡登記・動産譲渡登記制度です。
登記することにより、債権・動産が二重に譲渡されていたりした場合などに、真の所有者は誰かということの立証が容易になります。
債権譲渡登記、動産譲渡登記のご相談、ご依頼先にお悩みの方は、どうぞ一度お問い合わせください。

債権・動産譲渡登記に関する取り扱い業務

  • 設定登記
  • 存続期間延長の登記
  • 抹消登記

無料相談

メール相談 電話相談
相談無料、ご希望の場所まで訪問します。
お気軽にお問い合わせください。